今年は
酒の年です!

皆様おおいに呑みましょう!

と、言っても何言ってるんだ?ですよね(笑)

今年は
酉年!

酉という漢字はもともとお酒の意味だったって
ご存じでしたか?

そもそも「酒」という漢字に
酉が使われてます(笑)

「ひとりごと」でそのことにふれていますので
お時間ある方は読んでみてください。


ふしぎな竹酒

希望小売価格 
720ml 5400円(税込) 1.8L 10800円(税込)



先日テレビでご紹介いただいたみたいで
「びっくりするほどたくさんの皆様から
お問い合わせをいただいております。
感謝!感謝!です。


特別な方法で本物の新鮮な国産生竹の節に
お酒を詰めました。
どこから詰めたか当ててみてください。


竹の爽や
かな香りと甘みがとけ込み、
今まで経験したことのない
素敵な味わいのお酒になりました



通常でもご注文をいただいてからお届けまで7日から10日程度
かかるのですが現在沢山のご注文をいただいておりまして
もう少し時間がかかっております。申し訳ございません。


今冬も「酒蔵開き」を行いました
平成28年12月4日(日曜日)
平成29年4月8日(土曜日)
沢山のご来場ありがとうございました

場所:伏見銘酒協同組合
京都市伏見区丹後町148-1
TEL:075-612-6006
時間:11:00〜15:00
今冬も「酒蔵開き」を行いました
平成27年12月13日(日曜日)
平成28年1月30日(土曜日)
平成28年3月5日(土曜日)
この日に合わせて造りをして、
この日にしぼっている新酒を
この日に楽しんでいただけます
(造りによっては当日しぼれない場合もあります)
(二種類二杯300円
もちろん通常の製品も試飲出来ます!
酒かす、京野菜、京漬物、酒まんじゅうなど
京都、伏見の名産品の販売も行っています
場所:伏見銘酒協同組合
京都市伏見区丹後町148-1
TEL:075-612-6006
時間:11:00〜15:00
皆さんご存じですか?

今年大坂夏の陣から400年になります

弊社が創業した大坂の地は、

豊臣秀吉が創建した大坂城の城下町であり

大坂冬の陣、夏の陣の戦いのあった場所です
さらに造りは同じく秀吉の創建した
桃山城の城下町にあり
秀吉のおかげで日本有数の酒所となった
京都伏見!
そんなご縁で、
大阪夏の陣400周年に

大吟醸 豊太閤 720ml 
3000(税別)




を本数限定にてつくりました



秀吉が好んだであろう煌びやかな味わいをお楽しみください



この冬も
「酒蔵開き」を行います
平成26年11月30日(日曜日)
平成27年3月1日(日曜日)
この日に合わせて造りをして、
この日にしぼっている新酒を
この日に楽しんでいただけます
二種類二杯300円
もちろん通常の製品も試飲出来ます!
酒かす、京野菜、京漬物、酒まんじゅうなど
京都、伏見の名産品の販売も行っています
場所:伏見銘酒協同組合
京都市伏見区丹後町148-1
TEL:075-612-6006
時間:11:00〜15:00



平成24年12月26日、
全国で初めて
(ということは世界で初めて?)
伏見を中心とした京都の日本酒の普及と
和の文化の理解促進を目的として
「日本酒で乾杯する習慣を広めること」
を目指す条例案が
京都市議会で可決されました。

平成25年1月15日から施行されています。


ふしぎな竹酒
希望小売価格 
720ml 5250円(税込) 1.8L 10500円(税込)

   

平成22年12月25日に日本テレビの
「ぶらり途中下車の旅」
でご紹介していただき
びっくりするほどたくさんの皆様から
お問い合わせをいただいております。
感謝!感謝!です。


特別な方法で本物の新鮮な国産生竹の節に
お酒を詰めました。
どこから詰めたか当ててみてください。


竹の爽や
かな香りと甘みがとけ込み、
今まで経験したことのない
素敵な味わいのお酒になりました



ご注文をいただいてからご用意しますので
お届けまで7日から10日程度
かかることがあります。

戻 る